美容・健康

乳首の黒ずみに悩む女性必見!憧れのピンク色の乳首になる方法!

乳首 黒ずみ

乳首の黒ずみで悩んでいる女性の数は、実は案外多いものです。
お風呂上りに鏡を見ながら、

「どうして私の乳首はこんなに黒ずんでいるの?」

なんてため息をついたり、温泉で他の女性のキレイなピンク色の乳首を見て、あわててタオルで胸を隠したり…。

黒ずんだ乳首を気にして、恋愛にすら二の足を踏んでしまう女性もいるほどです。

多くの女性が「黒ずんだ乳首」にマイナスのイメージを感じています。

そこで今回は、そんな乳首の黒ずみにお悩みの女性のために、乳首をかわいいピンク色にする方法をご紹介したいと思います。

気持ちも明るくなれて、恋愛にも自信が持てるようになりますよ♪

男の人は乳首の黒ずみをホントはどう思っているの?

はてな?

乳首の黒ずみを気にして恋愛に積極的になれなかったり、たとえ彼氏や旦那さんがいても

「恥ずかしくて見せられない!」

と思う女性も少なくないでしょう。

男性は女性の前では気を遣って

「乳首の色なんか気にしてないよ」

なんて言うかもしれませんが、実際のところ、彼らの本音はどうなのでしょう?

ある有名女性ファッション雑誌が20代~50代の一般男性1,300名に行ったアンケートによると、乳首の黒ずんだ女性に対して、なんと52%の男性が「遊んでいる」というイメージを持っているという衝撃の結果が出ました。

男性の約2人に1人が、黒い乳首の女性に

「今までいろんな男と遊んできたんだな…」

なんてヒドいイメージを持っているのです!

そして31%の男性が「性的に萎える」、10%の男性が「汚い」と答え、少数ではありますが「別れたくなる」や「老けて見える」なんていう意見までありました。

乳首黒ずみアンケート

とにかく乳首の黒ずみに対してネガティブなイメージばかりが目立ちます。

しかも9割を超える男性が「淡いピンク色の乳首」を好むと答えました!

これでは、黒ずみを気にする女性が自信をなくしてしまうのも無理ありませんよね。

そもそも日本人の乳首の色は「薄い茶色」が一般的であり、ピンク色の乳首の女性の数よりも多いと言われているのに、ヒドイ話ですよね!

もちろん全く色なんて気にしないという男性もいるでしょうが、やはり多くの男性がピンク色の乳首に強いあこがれを抱いているようです。

乳首が黒ずむ理由とは?

はてな?女性

そもそも、なぜ乳首は黒ずんでしまうのでしょう?

子供の頃はピンク色だったのに、だんだん黒ずんできて…という人もいれば、妊娠中や出産後に急激に黒くなった…という人もいるかもしれません。

一体何が原因なのでしょう?

ズバリ、黒ずみの原因は「メラニン色素」です。

メラニン色素とは、私たちの体にとって「紫外線から肌を守る」というとても大事な役目を持った成分です。

メラニン色素がなければ、私たちの皮膚は紫外線ですぐに水ぶくれや炎症をおこしてしまい、さらにDNAを破壊され、皮膚ガンになる可能性さえあるのです。

私たちの皮膚の為には、メラニン色素はなくてはならない成分なのです。

では、どうして「黒ずみ」の原因になるのでしょう?

実はこのメラニン色素、皮膚の「ターンオーバー」と呼ばれる新陳代謝がきちんと行われていれば、ちゃんと体外に排出されていくのですが、このターンオーバーがうまく行われないと、体の中に徐々に溜まっていきます。

メラニン ターンオーバー イラスト

このようにメラニン色素が体内に溜まり、居座り続けてしまうことで、肌の「黒ずみ」や「シミ」などの原因になってしまうというわけなのです。

乳首の黒ずみを促進させる原因とは

黒ずみの元である「メラニン色素」が体内に居座り続けることが、乳首の黒ずみを促進させていることがわかりました。

ではそのメラニン色素を体内に蓄積してしまうさまざまな原因をご紹介しましょう。

①ストレス

ストレス 画像

ストレスは肌のターンオーバーの機能を乱れさせ、メラニン色素を居座らせる大きな原因のひとつです。

肌のターンオーバーは約28日周期で行われますが、ストレスによってその周期が乱れ、新陳代謝がうまく行われず、皮膚にメラニン色素が残ってしまいます。

これにより肌が黒ずんだリ、ゴワついたりしてしまうのです。

ストレスは「美容の大敵」とよく言われますが、乳首の黒ずみにも大いに関係していたのですね。

②妊娠、出産

妊婦 画像

妊娠中や出産後に急激に乳首が黒くなってしまった…という女性のみなさんの声をよく聞きますが、これは「女性ホルモン」が大いに関係しています。

女性ホルモンには「エストロゲン」という卵胞ホルモンと、「プロゲステロン」という黄体ホルモンがありますが、

女性の体は妊娠すると「プロゲステロン」の分泌を一気に増加します

プロゲステロン」は子宮内の状態を整え、胎盤を完成させる働きがあり、赤ちゃんの成長には欠かせない大事なホルモンです。

しかし、なんとこの「プロゲステロン」は、メラニン色素の生成を促進する働きがあるのです!

これにより、皮膚が黒ずんだり、シミが増えたりといった症状が現れやすくなるのです。

また出産後、日に何度も赤ちゃんに授乳することで、母親の乳首やその周りの皮膚にはかなりの負担がかかります。

その負担から皮膚を守るために、肌を守る働きがあるメラニン色素が多く生成されます。

これにより、より一層乳首が黒ずんでしまうというわけなのです。

③外部からのダメージ

下着 ブラジャー

外部からのさまざまな刺激によるダメージによっても、乳首は黒ずんでしまいます。

毎日つける下着の摩擦などで負担がかかり、メラニン色素が増加したり、汗やムレなどで乳首周りに皮脂が多く分泌し、毛穴に汚れが詰まってそのまま沈着してしまったり…

といったことなどが挙げられます。

④血行不良

冷え 女性

血行不良も乳首の黒ずみの原因になります。

血行不良によって血液がうまく体に循環せず、これにより「冷え」を生じます。

これにより代謝が悪くなり、肌のターンオーバーがうまく機能しなくなります。

その結果、乳首の皮膚も新しく生まれ変わることができず、メラニン色素がたまり、黒ずみがどんどん深くなってしまうのです。

⑤睡眠不足

寝不足

肌にメラニン色素をため込まないためには、ターンオーバーの周期を乱さないことが大事です。

ターンオーバーは睡眠中に最も活性化します。

なぜなら睡眠中には肌の再生や修復を促す「成長ホルモン」が多く分泌されるからです。

特に眠りに入ってから3時間に最も多く分泌されると言われています。

ですから慢性的に睡眠不足の人や、不規則な生活で昼夜逆転した生活を送っている人などは成長ホルモンが分泌できず、肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、肌はメラニン色素をため込んだままになってしまいます。

しっかり睡眠を取ることが、黒ずみを解消するためにも大事なことなのです。

⑥加齢

加齢 写真

女性は30代後半になってくると、卵巣機能の衰えにより女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の分泌量が減少してきます。

40代になると、なんとピーク時の半分ほどの量になってしまいます。

この「エストロゲン」は、肌にハリやツヤ、明るさを与える働きがあり、乳首もキレイなピンク色に保つことができます。

しかし分泌量が減っていくことで、肌の弾力性が減り、明るさも消えてしまいます。

そして悲しいことに、美しかった乳首のピンク色もだんだんと黒ずんでしまうのです。

「乳首の黒ずみに効果的」とうわさの市販の製品を検証!

現在、ニベアクリームをはじめ「乳首の黒ずみに効く!」と噂されているさまざま市販の製品が販売されています。

市販の製品は比較的手軽に、しかも安く手に入るものが多く、「ちょっと試してみたい!」と思わせる魅力にあふれています。

果たして本当に乳首の黒ずみの改善に効果があるのでしょうか?さっそく検証してみましょう!

①ニベアクリーム

ニベア 写真

ニベアクリームは肌の保湿することで乾燥を防ぎ、肌を保護する働きをするスキンケアクリームです。

このニベアクリーム、200円前後という大変安い価格で購入できるにも関わらず、某高級化粧品会社のクリームと実はほぼ同じ成分だった!

と評判になりましたよね。

しかもニベアのオイル成分が毛穴の黒ずみ除去にも高い効果があるということで、今、プチプラスキンケア製品の中でも注目度No.1のアイテムなのです。

このニベアの黒ずみ除去効果が、乳首の黒ずみにも生かせないか?

と期待されているのですが、実際その効果はどうなのでしょうか?

残念ながらニベアが効果を発揮するのは「皮脂汚れによる黒ずみ」であり、「メラニン成分による黒ずみ」ではありません。

乳首に塗っても乾燥などは防いでくれるかもしれませんが、黒ずみの改善にはあまり期待できそうにないようです。

②ヨーグルト

ヨーグルト 写真

市販の製品でもユニークなのが「ヨーグルトを乳首に塗る」という方法です。

ヨーグルトに含まれる「乳清(ホエー)」と呼ばれる成分には、黒ずみを薄くする効果があるそうなのです。

しかもやり方はとっても簡単!

  • まず、乳首にヨーグルトを塗り、その上にラップをして5分ほど置きます。
  • その後シャワーで洗い流します。

これで終了です。簡単でしょ?これを毎日続けます。

さて、その効果のほどですが、「色が薄くなった」という人もいれば、「あまり変化がないみたい…」という声もあり、残念ながら個人差があるようです。

しかし、簡単でコストがかからない方法で黒ずみを解消したい!

という方は一度トライしてみるのもいいかもしれません!(肌がデリケートな人は、ヨーグルトの成分で肌がかぶれてしまう可能性がありますので、注意が必要です)

③石鹸

石鹸

毎日お風呂で体を洗う時に、乳首の黒ずみも同時に解消できたら一石二鳥ですよね。

普通の石鹸やボディソープでは黒ずみの原因であるメラニン色素を落とすことはできませんが、ビタミンCなどが多く含まれる「美白効果の高い石鹸」を使うと、だんだんと黒ずみが消えていくと言われています。

時間はかなりかかるかもしれませんが、美白効果で着実に黒ずみは薄くなるようですよ。

一度試してみてはいかがですか?

ただし乳首は粘膜に近い大変デリケートな皮膚ですので、ちょっとした刺激ですぐに荒れてしまいます。

石鹸の成分は植物由来のものなどできるだけ体に優しい成分を選ぶようにしましょう。

④リップクリーム

リップクリーム

実はリップクリームも乳首の黒ずみに効果的かも!と今話題になっています。

リップクリームは唇の乾燥を防ぎ、保湿してくれるものですが、最近のリップクリームにはぷるんとしたかわいいピンク色の唇に仕上げてくれるタイプも多く販売されています。

「唇がピンク色になるのだから、きっと乳首もそうなるはず!」

と薬局やコンビニなどに買いに走る女子が増えているらしいのです。

果たしてその効果はいかに…?

確かにリップクリームを乳首にぬれば、その保湿効果で「うるつや乳首」にはなるらしいのですが、リップクリームにはメラニンを薄くする成分は含まれていません

ですから、塗り続けても乳首がピンク色に変化するのは少し難しいようです…。

それに人によってはリップクリームの成分が乳首に刺激を与え、かゆみなどを引き起こす可能性もあります。

やっぱりリップクリームは唇に塗るのが一番のようですね(笑)。

⑤重曹

重曹

重曹とは「炭酸水素ナトリウム」のことで、研磨作用や消臭効果があるので掃除などにもよく使われていますよね。

価格も安く、100円ショップでも購入可能です。

この重曹が乳首の黒ずみにも効果があるかも!と噂されているのです。

重曹は弱アルカリ性で、肌の古い角質や毛穴の黒ずみを取り除く効果があると言われています。

少量の石鹸と混ぜて、乳首周りの皮膚を優しくマッサージするように洗う方法や、少量の水と混ぜてペースト状にして「重曹パック」を作り、乳首に塗って10分ほど放置し、その後シャワーなどできれいに洗い流す方法などがあるようです。

肌のターンオーバーの邪魔をする古い角質を取り除く効果がありますので、定期的に重曹によるお手入れを続けることで、一定の効果は期待できるかもしれませんね。

重曹だけを乳首に直接塗ることは刺激が強すぎるので、必ず水や石鹸などに混ぜて使うようにして下さい。

また重曹には「工業用」「食用」など用途別に分かれていますが、乳首の黒ずみに使用する場合は「食用」を選ぶようにして下さい。

肌が弱い人は特に注意が必要です。

⑥美白化粧水

いつもメイクをするときに使っている「美白化粧水」、お肌を美白する効果がたっぷり入っているのだから、乳首の黒ずみに使わない手はないですよね。

確かに美白化粧品は美白効果が高いのですが、それはあくまで「メラニン成分の抑制効果が高い」、つまり「メラニン成分抑えて、黒ずみを防ぐ効果が高い」ということ。

ですから、すでにできてしまった黒ずみにはあまり効果がないらしいのです!これはショックですね~。

美白化粧品は、乳首の黒ずみ解消には期待はできそうにないようです…。

⑦乳液

実は乳液も乳首の黒ずみ解消に効果があるかも!と期待されているのですが、その真偽のほどはどうなのでしょうか?

そもそも乳液は、肌に油分を与えて水分の蒸発を防ぐ働きをしています。

乳液に含まれる「セラミド」と呼ばれる成分が水分にしっかりと吸着して、肌から水分が逃げだすことを防いでいるのです。

ですから乳液にはターンオーバーを促す効果や、メラニン成分を抑制する効果は薄いようなんですよね…残念。

乳首にせっせと塗っても、黒ずみが薄くなる可能性はどうやら低いようです。

⑧ピーリングクリーム

美白クリーム

市販のピーリングクリームには保湿成分がたっぷり含まれており、古い角質を取り除き、皮膚の新陳代謝を活発にしてくれるので、黒ずみやくすみを改善する働きがあると言われています。

この働きを乳首の黒ずみの解消に使いたい!
と思う女子達がいても不思議はありません。

確かに、乳首の周りにピーリングクリームを塗って洗い流すと、古い角質が洗い流され、乳首の色が少し薄くなるようです。

しかし出来てしまったメラニン色素に効くわけではないので、ピンク色までは期待できないでしょう。

美容外科などで行うケミカルピーリングなどであれば、もっと高い効果が期待できるかもしれませんが、市販のピーリングクリームではかわいいピンク色の乳首になるにはちょっと難しいかもしれませんね。

「高いお金を払ってもいい、ピンク色の乳首になりたい!」そんなあなたに提案する乳首の黒ずみ改善法

高いお金を払ってでも、本気で乳首の黒ずみを治す!という方にピッタリの改善法があります!さっそくご紹介しましょう。

①レーザー治療で乳首の黒ずみを改善

doctor

病院の皮膚科や美容整形外科など受ける「レーザー治療」は乳首の黒ずみに高い効果が期待できると言われています。

乳首にレーザーを照射し、メラニン色素の量を減らしていきます。

「レーザーを照射する」なんて聞くと、「痛くないの?」という不安が出てきますが、そんなことは昔の話のようです。

最近では、痛みをほとんど感じない最新機器を導入している病院が多く、一度の治療も5分程度と短いので、痛みを感じる前に終わってしまうようです。しかも治療後は入浴もできるなど、普段通りの生活も送れます。

他の治療法に比べ即効性があり、確実な効果が期待できると今注目の治療法なのです。

もちろん高い効果が期待できるだけに、それなりの価格を覚悟しなくてはなりません。

まずレーザー治療は1回の治療で終わるものではなく、効果が出るまで10回ほど通院する必要があると言われています。

しかも現在保険適用外なので、一度の治療費が1万~3万と言われていますので、トータルで10~30万円は準備しておく必要があるとも言われています。値段の他にも、その他さまざまな注意が必要です。

先ほど「現在レーザー治療は痛みが少ない」と言いましたが、やはり個人差がありますので、痛みに弱い人は治療中に麻酔をする必要があります。

また照射後に跡が残ったり、色がまだらになったりするリスクもあります。

即効性だけを期待して行うような治療では決してありません。

上記で説明したような可能性を必ず考慮し、納得した上で治療を検討するようにして下さい。

②皮膚科での「ハイドロキノン」を使った治療で乳首の黒ずみを改善

レーザー治療には少し不安があるけれど、やっぱり効果の高い治療を受けたいという人は、「ハイドロキノンによる治療」を受けることをおすすめします。

現在皮膚科や美容クリニックでは、「ハイドロキノン」という塗り薬を使用して治療を進めることが主流となっています。

「ハイドロキノン」がメラニン色素の生成を抑制し、乳首の黒ずみを薄くしていくのです。

皮膚科で処方された「ハイドロキノン」を朝晩二回、毎日乳首に塗ることが治療の基本になります。

そして月に一回ほど病院に通院し、経過観察を行うというスタイルのようです。

塗り薬を毎日自宅で塗るだけという手軽さと、レーザー治療のように痛みや傷跡のリスクもない上に、即効性も期待できることで、現在人気が高まりつつある治療法です。

しかし病院での治療にも関わらず、この治療は現在保険適用外ですので、治療費が高額になる可能性があります。

その金額はレーザー治療ほどではないにしても、薬代と診察代などを合わせて5万円は用意しておく必要があると言われています。

また、肌の弱い人は薬を塗ることでかぶれたり、ヒリヒリとした痛みを伴ったりする場合があるそうです。

この「ハイドロキノンによる治療」対しても、やはり事前によく考慮してから検討するようにして下さい。

「ローコストだけど効果は高い」そんなわがままな乳首の黒ずみ改善法なんてあるの?

はてな?女性

市販の製品を使った黒ずみ改善法は安くてお手軽だけれど、効果は個人差がありそうだし、レーザー治療や「ハイドロキノンによる治療」も、効果は高そうだけど治療費は高い…。

どちらも一長一短といった感じで、なかなか決められませんよね。

「ローコストでお手軽に使えて、しかも効果が高いものはないかな?」なんてわがままな欲望がつい出てきちゃいますよね(笑)

実は最近、そんな欲張りな条件を満たしてくれる乳首専用の美容コスメが通販を中心に販売されているらしいのです。

多くの女性がその効果を実感し始めています。

一体どのようなものなのでしょう?さっそくご紹介しましょう!

①乳首の黒ずみ対策人気No.1美白クリーム「ホワイトラグジュアリープレミアム」

ホワイトラグジュアリープレミアム

乳首の黒ずみ対策として、「ローコストだけど効果が高い」と女性たちの間で最近じわじわと人気を高めているのが、「ホワイトラグジュアリープレミアム」という美白クリームです。「ホワイトラグジュアリープレミアム」は、乳首の黒ずみはじめ、全身に使える医薬部外品美白クリームです。

着色料や香料、アルコールといった肌に刺激を与えるような成分は一切入っておらず、デリケートな乳首の皮膚にも安心して使えます。

「ホワイトラグジュアリープレミアム」の特徴とは

「ホワイトラグジュアリープレミアム」が最大の特徴は、3種類のビタミンC(生ビタミンC、水溶性ビタミンC、油溶性ビタミンC)が、メラニン色素を生成する「メラノサイト」の発生部分である皮膚の「基底層」までしっかりと浸透することです。

肌の最も表面に位置する角質層までしか浸透しない美白クリームが多くありますが、これではメラノサイトまで届かず、メラニン色素の生成を抑えることはできません。

メラノサイトができる基底層までしっかり浸透することができてはじめて、皮膚の黒ずみを抑えることができるのです。

「ホワイトラグジュアリープレミアム」の成分とは

「ホワイトラグジュアリープレミアム」には、3種のビタミンCの他にも、7つの優れた美容成分(ヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンE、アロエベラエキス、クロレラエキス、コラーゲン、オタネニンジンエキス)が含まれています。

これにより、ターンオーバーの機能を正常化し、黒ずみが解消されていきます。

「ホワイトラグジュアリープレミアム」の使用方法

使い方はとっても簡単!毎日朝晩の2回、2プッシュずつを両方の乳首に塗るだけです。

人によっては約三週間で色味に変化が現れてくるということです。

また「ホワイトラグジュアリープレミアム」を塗りながら、規則正しい生活や適度な運動をして肌のターンオーバーを正常化することで、その効果をより一層高めることができます。

「ホワイトラグジュアリープレミアム」の価格は?

通常価格 1本(25g) 9,980円
定期購入の場合1本(25g) 5,980円

「ホワイトラグジュアリープレミアム」の口コミ

・モニターさせていただきました。バストトップだけじゃなく、全身のあらゆる黒ずみに使えるところが良い。顔のシミにも効くそうなので、使い続けた肌が楽しみです。

・モニターで頂きました!出産しているのでバストトップが黒ずんでいますが、なかなかよいです。まだ使用して間もないですが、若干薄くなってきたかんじです!

・最近乳首が乾燥して痒くて…。このクリーム塗ったあとは半日以上痒くならなかった!最高!効能はそこじゃない??このクリームのいいところは乳首だけじゃなく、全身使えちゃうところ。デリケートゾーンだって使えます◎

・まだ使い始めて1週間ですが、お肌が柔らかくなってきたのを感じています。私はバストトップに使用しているので、効果があると良いな~と思っています。
出典 : http://www.cosme.net/

ホワイトラグジュアリー公式

②デリケート用石鹸で乳首の黒ずみを解消「ジャムウ・ハーバルソープ」

ジャウム

みなさんは「ジャムウ」という言葉を聞いたことがありますか?この「ジャムウ」とは、インドネシアに古来より伝わる、植物などを原料とした天然由来100%のハーブです。

実はこの「ジャムウ」、乳首やビキニラインなどのデリケートゾーンの黒ずみや匂いの解消にすぐれた効果を発揮すると言われています。

このジャウムの成分を使用して作られた石鹸が「ジャムウ・ハーバルソープ」なのです。

乳首の黒ずみに悩む女性たちの間で、今、大変注目されている商品です。

「ジャムウ・ハーバルソープ」の特徴とは

「ジャムウ・ハーバルソープ」の最大の特徴は、デリケートな肌の部分に使用されることを考慮した、「安心で優しい」配合を重視して製造されていることです。

防腐剤や安定剤などを使用せず、植物のもつ自然の力を引き出し、しかも日本人女性の肌に合うようにオリジナルの配合が行われています。

「ジャムウ・ハーバルソープ」の成分とは

「ジャムウ・ハーバルソープ」には、ジャウムをはじめ甘草、アロエ、オタネニンジン、カミツレ油、パーム油など植物のもつ美容成分が含まれています。

これにより黒ずみやイヤな匂いなどが解消されます。

「ジャムウ・ハーバルソープ」の使用方法

使い方はたったの3ステップでとっても簡単です!まず泡立てネットで泡を作り、たっぷりの泡を乳首の黒ずみが気になる部分において、そのまま3分間泡パックします。

その後水やお湯で洗い流して終了です。

これなら毎日のお風呂タイムに簡単に使えますよね!

「ジャムウ・ハーバルソープ」の価格は?

通常価格「ジャムウ・ハーバルソープ1個+泡立てネット+お試しコスメ付き」/ 1,895円

「ジャムウ・ハーバルソープ」の口コミ

・産後胸回りの黒ずみ、体臭が気になり使い始めて5年になります。黒ずみや香りが気になる所に泡パックをする使い方です。泡立てはボムタイプではなく、泡ネットを使っています。泡立てすら面倒な時はソープを手に塗りつけて洗ったりもしています。少し乳輪の色は変化があったかも?

・バストトップの黒ずみですがちょこちょこ泡パックしているうちになんだか淡くピンク色になってきた気がします♪

・二ヶ月使用してみました。デリケートゾーンやバストトップの色も薄くなってきたようなので、使い続けて様子を見てみたいと思います。

・さて、使用感ですが期待通り。使用した当日に黒ずみが薄くなった効果がありました。特にバストトップ。泡がやわらかいので3分パックのうちに落ちてしまいそうになりますが、いつも手で押さえて泡を死守しています。
出典 : http://www.cosme.net/

ジャムウ・ハーバルソープ 公式

③「バイオイル」と併用して、乳首の黒ずみを抑えるのもオススメ

「バイオイル」は肌角質深層部に浸透する美容保湿成分配合オイルです。

「ピュアセリンオイル」と言われる、水鳥の尾腺から分泌される油を科学的に再現したオイルを配合し、そのすぐれた保湿成分が肌の奥深くまで入り込み、肌の黒ずみ、傷あと、ニキビ跡、妊娠線の解消など、ボディケアのお手入れに非常に効果的と言われています。

またカモミールやラベンダーなど4種の植物成分のほか、ビタミンAやビタミンEなどが配合され、美白効果を高めています。楽天市場やアマゾンなど大手通販サイトでも人気の高い商品です。

この「バイオイル」を乳首周りの皮膚に塗って肌の新陳代謝を高め、先ほどご紹介した「ホワイトラグジュアリープレミアム」や「ジャムウ・ハーバルソープ」と併用すれば、さらに乳首の黒ずみ解消に高い効果が期待できるでしょう。(価格:バイオイル 60mL/1,728円)

まとめ

  1. 黒ずんだ乳首に対する男の人の驚きの本音とは!?
  2. 乳首が黒ずむ原因は「メラニン色素」が居座り続けるためだった!
  3. ストレスからホルモンバランスまで…乳首の黒ずみを促進させる原因とは?
  4. ウソ?ホント?乳首の黒ずみに効果的と言われているうわさの市販製品を検証!
  5. お金がかかってもいい!という人におすすめ!乳首の黒ずみの最新治療法
  6. 低価格だけど高い効果が期待できる!そんなわがままを叶える乳首黒ずみ対策美容コスメ

いかがでしたか?乳首の黒ずみの解消方法について見てきましたが、ご満足いただけたでしょうか?

乳首の黒ずみの原因は、肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に機能しないことにより、「メラニン色素」が肌の中に居座り続けるためでした。このメラニン色素を留まらせる原因は、ストレスや妊娠・出産、ホルモンバランスの崩れや不規則な生活など、さまざまなものが関係していました。

黒ずみを効果的に治す方法は、市販の製品からレーザー治療まで数多くありますが、手軽でお財布に優しく、しかも効果も期待できる「美白コスメ」もおすすめであることもわかりました。

自分の肌の状況や生活にピッタリ合った改善法を選び、賢く利用して頂けたらと思います。

乳首の黒ずみでお困りの女性のみなさんが一日でも早く悩みを解消して、明るく、前向きに生活を楽しんでいただければと願っています。

Share: