美容・健康

埋没毛でもう悩まない!原因究明と解決策で美肌を手に入れる方法

埋没毛

肌トラブルの中でも深刻な埋没毛は意外にもセルフケアすることで発生してしまう事が多い症状です。正しい体毛処理をしなければケアしているつもりがかえってトラブルにつながってしまうので処理中の注意点や正しい方法を理解してスキンケアをする必要があります。またできてしまった埋没毛を綺麗に治す方法や、応急で対処する方法、埋没毛そのものをなくすための方法などもご紹介していきますので、ぜひ実践して埋没毛のない綺麗な美肌を目指しましょう。

そもそも埋没毛ってどんな症状?

埋没毛(まいぼつもう)とは、文字通り埋没した毛と書くように、皮膚の表面に毛が埋没している状態の事を言います。埋もれ毛、埋まり毛とも呼ばれ、気付かないうちに発生している事が多く皮膚や体毛の悩みの中でもよくある症例の一つで、悩んでいる人も多くいると思います。皮膚が何のトラブルも抱えていなければ体毛は皮膚を通り越して生えてくるものですが、乾燥や肌荒れなど何かしらの皮膚のトラブルがある場合、この体毛は本来のように生えてくることができず、うずをまいて皮膚下にとどまったり、生え際ではない方向に向かって皮膚の表面に埋もれてしまい埋没毛という状態になってしまいます。埋没毛は見た目的にも美しくありませんが、肌の衛星上においても良くない状態なので、できるだけできないようにする事と、見つけたら正しい対処をする事がとても大切です。

埋没毛になる原因はセルフケアにある!?

埋没毛を解消するにはまずどのようにして埋没毛が発生してしまうのかという根本から理解する必要があります。どうしてこの埋没毛ができてしまうのかというと様々な原因がありますが、主に間違ったセルフケアでの体毛処理が原因であることが圧倒的に多いです。美し肌を保つべくスキンケアしているつもりが、正しい方法や注意点を気にせず余計に肌に負担をかけ埋没毛を作ってしまっていたなんてとても悲しいので、しっかり原因から理解し、正しいスキンケアを行いましょう。

カミソリ

体毛をセルフケアする際に使用率が高いカミソリですが、使い方によっては肌を綺麗にするどころか、皮膚を傷つけてしまい逆効果になってしまう事があります。カミソリは刃で体毛を処理することから、綺麗に体毛が剃れる分皮膚への負担も大きくなります。使用しているときは体毛を処理しているつもりでも、少し力の加減を誤って強めに使用した場合、体毛だけでなく気付かぬうちに皮膚まで削ってしまい、細かく傷ついた皮膚の表面が肌を守ろうとし固くなり、その後かさぶたができます。そこに生えてこようとした体毛が行き場をなくし、皮膚の表面に出て来れず埋没したまま生えることで毛が埋もれてしまいます。特に入浴後など皮膚が水を含み柔らかくなった状態の肌にカミソリを使用すると角質が更に剥がれやすくなり皮膚は大きなダメージを受け、そこから炎症などが起こりやすくなり埋没毛の原因とされています。

毛抜き

体毛をセルフケアする際、カミソリよりもピンポイントで処理できる毛抜きも欠かせないものとなっていますが、この毛抜きは十分に使用方法を守らなければ埋没毛を発生させやすいケア方法となってしまいます。カミソリは表面に出ている体毛を剃るだけですが、この毛抜きの場合は毛根から体毛を引っ張って抜くため、ケア後は一見カミソリでケアするよりも綺麗な肌に近づいているように感じますが、実は皮膚にかなりのダメージを与えていることになります。まだ生え続けようとしている体毛を無理やり抜く事で、毛根やその周りの皮膚も一緒に引っ張られ、広い範囲でかなりのダメージを受け炎症や細菌によるトラブルも発生しやすくなります。また毛抜きで抜いた毛は毛先が切れて先が鋭くなるので、皮膚の表面下に入りやすく、そこから毛が埋没してしまいます。

除毛クリーム、脱色剤

乾燥肌や、敏感肌の方はもちろんですが、肌が強い方でも除毛クリームや脱色剤を使用すると肌を強く刺激しダメージを受けます。ほとんどの除毛クリームは毛を溶かすために強いアルカリ性の薬剤を使用しているため、皮膚には多大な負担がかかります。不要な体毛を剃ったり抜いたりせずに溶かして処理してくれるので、皮膚への負担は一見少なそうに感じますが、やはり強めのアルカリ性薬剤を使っているので、他のケア同様ダメージはかなりのものになります。薬剤によってダメージを受けた肌が腫れて、生えてこようとする体毛がうまく皮膚の表面に出て来れず埋まってしまい埋没毛となってしまいます。人によっては肌荒れの原因にもなるので肌が弱い場合や体調がすぐれない時は使用をするのを避けましょう。

ブラジリアンワックス

短期間で綺麗な肌を手にする事ができるので、近年サロンでも人気の高いメニューですが、原理は毛抜きやピンセットを使用するのと同じなので、皮膚にはかなりのダメージを与える事になります。ブラジリアンワックスを行った後はトリートメントをしてしばらくの間無毛状態を維持できるので、一時的には処理できている事になりますが、肌へのダメージは否めません。一見綺麗になるので完全に毛が抜けた状態に見えがちですが、実際は肌に
優しいワックスを使用して毛を抜いているだけなので、根本から解決できているわけではなく、毛の成長期がきたらまた生えてくるので、その際にダメージを受けた皮膚がターンオーバーできていなければ埋没毛が発生してしまいます。

こんなに恐ろしい!埋没毛による皮膚への具体的なダメージとは?

炎症を起こす

埋没毛は皮膚の中でどんどん成長していきますが、毛の成長がストップすると、皮膚の表面を通り越して外に生えてこようとします。新陳代謝が活発であれば、皮膚がはがれて毛先が皮膚の表面にでてくるはずですが、そうでない場合はいつまでも皮膚の表面下で体毛が留まってしまいそこから細菌や炎症を起こしてしまう事があります。一度炎症をおこした肌はなかなか治らないので、また皮膚がターンオーバーを繰り返して綺麗になるまでにとても時間がかかります。

毛嚢炎を起こす

皮膚が炎症を起こし、もっとひどくなるとニキビのようなぶつぶつができてしまう毛嚢炎の原因になってしまいます。体毛処理する際に使う器具に細菌が付いていたり、セルフケアで行った正しくない体毛処理によって炎症をおこしたダメージを受けた皮膚から毛嚢炎ができてしまいます。毛穴の中にある毛包にブドウ球菌が感染するため毛嚢炎は起こりますが、もともとブドウ球菌は肌に常に棲んでいる菌ではありますが、毛穴が傷つくとそこ
から入り込み炎症を起こしてしまいます。毛嚢炎も治るまでにとても時間がかかり、ひどくなると痛みやかゆみを伴い抗菌薬で対応しなくてはいけなくなってしまいます。更にひどくなってしまった場合、皮膚科に行かなくては治らないような事態にもなりかねないので、ひひどくなる前に早めに対応する必要があります。

色素沈着

色素沈着とはほとんどの原因がメラニンによるものと言われています。皮膚に存在しているメラニンが紫外線を吸収し細胞破壊を防ぎ、ターンオーバーによって肌が守られているというのは有名ですが、そのメラニンは大量の紫外線を浴びてしまうと、メラニンが一生懸命働かなくてはいけない状態になり、メラニンを生成するメラノサイトでメラニンが大量に作られてしまい皮膚が黒ずんで見えるようになりそれが色素沈着になります。メラニンが働きすぎてしまうのは紫外線を大量に浴びた時だけでなく、肌が大きく傷ついたりダメージを受けたりした時にも同じような働きをします。カミソリを使って体毛を処理する時は摩擦によってメラニンが生成され色素沈着につながり、毛抜きを使って体毛を処理する場合は摩擦ではなく急な傷や炎症に対してメラニンが働きかける事が原因です。いずれ
にしても体毛を処理する際にダメージが加わってしまうので色素沈着が起こってしまいます。

毛穴トラブルによる肌荒れ

埋没毛を処理する際には肌に大きな負担がかかるので、カミソリや毛抜きなどどの方法を用いても処理後に肌荒れする場合があります。剃ったり抜いたはずの体毛がセルフケアにより処理しきれず埋まったままになってしまってそれを放置してしまえばそこから細菌や炎症を起こして肌に凹凸ができてしまったり、皮膚の下で埋没毛が成長してそのまま黒く目立つようになったり、剃ったり抜いたりした後肌全体がストレスを感じて皮膚が赤くなったり腫れたりして肌が荒れてしまいます。

埋没毛になりやすい条件ってなぁに?

先端が鋭い毛

カミソリや毛抜きで埋没毛を処理する際に、カミソリだと途中で剃り残してしまった毛や、毛抜きだと途中で切れてしまった毛は他の毛に比べて断面や先端が鋭くなっているので他の体毛より皮膚の下に入り込んでしまいやすくなります。そうすることで体毛は皮膚の表面に出てこれず埋没毛となってしまいます。何度も同じところを剃る事は肌に負担がかかるのでできるだけ一回で綺麗に剃れるよう注意したり、毛抜きで体毛を処理せざるを得ない時は途中で切れた毛をそのままにしないよう細かいところまで目を配る必要があります。

太くて強い毛

脇や足のスネなどは太くて強い毛が生えやすい箇所ですが、この太くて強い毛は抜いたり剃ったりする際に皮膚への負担やダメージが大きいことから埋没毛になりやすいと言われています。毛が太かったり濃かったりする分、ますます処理したくなってしまうことから毛抜き使って処理する場合も多いですが、それがかえって逆効果となってしまいます。毛が太くて強い分、抜いた時のダメージは細い毛を抜いたときよりはるかに大きくダメージを受ける皮膚の面積も広くなるので、余計に目立だってしまいます。太くて強い毛を抜く際は肌を湿らせてや柔らかくしできるだけ皮膚への負担をかけないようにする事が大切です。

毛の流れが悪い箇所

脇やデリケートソーンは髪の毛や体毛のように流れに沿って生えてきたとしても、洋服や下着で毛を抑えつけてしまうので、蒸れたり、圧迫されたりして炎症やダメージを受けやすい上に、セルフケアでカミソリや毛抜きを使う事が多い部位なので、正しい方法で処理をしないと埋没毛になりやすくなってしまします。汗をかきやすい部分でもあるので、こまめにふき取るなどして、できるだけ毛穴に細菌が入らないようにしましょう。

埋没毛のセルフケアはポイントをしっかり抑えれば効果あり!!

保湿をしてからセルフケアを行う

脱毛サロンにいっても重要視されている保湿はセルフケアにおいてももちろん重要度が高い過程です。季節関係なく夏でも冬でも体毛処理の後は肌が荒れている状態なので、それを最小限に抑えるために保湿はとても効果的です。体毛処理直後は特に肌の角質が傷んでいる状態になるのでそれを放置しておくと肌から潤いが逃げ乾燥することで、色素沈着、肌荒れなどの皮膚トラブルが起こります。しっかりと保湿をして皮膚の表面を潤わせ保護膜を作る必要があります。

同じ場所を何度も剃らない

毛が抜けにくい部位はカミソリや毛抜きなどで何ども同じ箇所を剃ったりしてしまいがちですが、一回でもダメージがある体毛処理を何度も同じ場所で繰り返し処理をしてしまった場合、皮膚が受けるダメージは想像以上に大きくなってしまいます。カミソリや毛抜きでセルフケアをせざるを得ない時は同じ場所を何度も剃らないよう注意しましょう。そしてセルフケア後の保湿をしっかり行えばダメージを最小限に抑える事ができます。

毛抜きはゆっくりやさしく使用

カミソリよりもピンポイントに体毛を抜ける毛抜きは、その分皮膚ダメージも大きいので使用する際は、抜きたい毛を定めてゆっくり丁寧に抜く事が重要です。勢いよく急いで抜くと肌の負担が大きく、赤く腫れあがり炎症を起こしやすくなるので注意が必要です。部分的にしか処理をしていなくても、その後の保湿は重要です。

カミソリのコンディション

あまり鋭すぎるカミソリも肌に負担はかかりますが、逆になかなか剃れないカミソリは何度も肌に当てしまいがちなので避けるようにしましょう。定期的にカミソリの刃をチェックして最高のコンディションでスキンケアをしましょう。またお風呂などでカミソリを使用する場合は必ず肌を湿らす事はもちろん、専用のカミソリソープやボディーソープ、石鹸などで肌をなめらかにし、ダメージを最小限に抑えるようにしましょう。カミソリにもともと石鹸がついた商品が発売されていたり、カミソリを行った肌が赤くなってしまったり、ヒリヒリしてしまうカミソリ負けという症状があるくらい、普段なにげなく使っているカミソリは使用の際に細心の注意が必要です。

意外と簡単!誰にでもできる埋没毛解消方法ってどんなケア!?

スクラブ

埋没毛を治すにはまず周りの皮膚を痛めないように、埋もれている毛に働きかける必要があります。埋まっている毛がある部位にスクラブを使用し湿らせてからやさしくマッサージをします。古い角質が徐々に取れ、埋没毛に働きかけます。その際の注意点はごしごしと強くこすらないこと。角質がなかなか取れないのであれば強くこするのではなく、何度かに日にちを分けてスクラブを使用したほうが効果的です。スクラブを使用すると油分を洗い流すので、乾燥肌の方は肌を逆に痛めてしまう原因になり使用は避けたほうがよさそうです。スクラブは古い角質が取れるだけでなく、肌表面を均一になめらかにしてくれるので、一石二鳥の効果が期待できます。注意点としては使用する前に肌を清潔な状態にしてから湿った状態で使用すること。また毎日スクラブを使用するのは肌に負担が大きいので、週2~2回を目安に使用すると良いでしょう。スクラブを使った後は肌にツブツブが残らないようしっかり洗い流して保湿をすると効果がより高くなります。

ピーリング

スクラブでも解決できない埋没毛はピーリングで対応します。ピーリングとは古い角質を弱い酸で溶かし、肌のケア全体に行われる美容法で、古い角質を取り除き肌のタ―ンオーバーを促す方法です。はぎ取るという英単語peelからきており、あくまでもターンオーバーを正常化させるものであって、決して早めるものではありません。肌に直接酸を塗り角質を溶かしていくケミカルピーリングにはどこか科学的な名前から刺激がつよそうなイメ―ジがありますが、AHAとBHAの二種類があり、市販されているものの多くはAHA(アルファヒドロキシ酸)成分のもので主な原料としてリンゴ酸、乳酸、クエン酸などの天然由来によるフルーツ酸と呼ばれる成分が使用され低刺激でピーリングを行う事ができます。BHA(ベータヒドロキシ酸)の方は強力な科学物質を使ったピーリングの事なので、ピーリング作用はとても強いですが、肌にとても大きな負担がかかり、日本人向けではないと言われているので、成分を良く見て選びましょう。ピーリングはセルフケアでも脱毛サロンでも行われていますが、ピーリング後の肌は薄くなっているので紫外線などのダメージを受けないよう保湿などをして皮膚をいたわる必要があります。また成分が肌に合わない場合は肌が荒れたり赤くなって腫れたりするので逆効果になってしまう場合があるので注意が必要です。

保湿

肌が荒れていたい乾燥していて固くなっていると皮膚の表面に埋もれている毛はなかなか表面に出てこれずますますひどくなってしまうので、保湿をすることで皮膚全体の肌荒を和らげます。保湿をすれば肌が水分を含み柔らかくなるので、埋もれていた毛が表面に出てきやすくなり埋没毛が解消されやすくなります。

何もケアしない

埋没毛が出来てしまったら、何もケアをしないというのも一つの解決策です。体毛の処理をすればするだけ肌は少なからず傷つきダメージを受けるので自然にしておくという方法です。また肌は1~2カ月間にわたってターンオーバーを繰り返しているので、自然にしておけばそのうちに埋もれている毛が古い角質がはがれ落ちると共に解消されてしまう事がほとんどです。全ての毛は成長期、休止期、後退期を経て抜け落ちていくので、一定期間が過ぎれば、根元から埋没毛はなくなっていきます。まず埋没毛を見つけたら自然に治るまで待ち、それでも治らなければスクラブやピーリングを行っても良いでしょう。

ケアする時間がない!!今すぐ埋没毛を治すための応急処置手順をご紹介

肌を湿らせて柔らかくする

本来なら何もせず肌のターンオーバーを待つのが一番理想的ですが、夏場や肌を露出する機会がある場合は今すぐ処理せずにはいられないので、その時はまず処理したい埋没毛がある皮膚周辺を濡れたタオルで湿らせるか、お風呂あがりで皮膚がやわらかくなった時を見計らって処理を行いましょう。皮膚を温めて柔らかい状態になると毛穴が開くので、肌への負担を最小限でおさめる事ができます。

毛抜き、ピンセットの消毒

皮膚が柔らかくなってきたら肌に負担がかかりにくくなっているうちに、アルコール消毒した毛抜きやピンセットで埋没毛の処理を始めます。毛抜きやピンセットをアルコール消毒することで、何もしないで使用するよりは炎症を抑える事ができるので、大切な過程となります。肌に直接触れる器具に細菌がついている場合、それを肌に直接使用するのは炎症を引き起こす原因となりますので必ずアルコール消毒しましょう。

丁寧に抜く

ぱっと抜いてしまった方が肌をひっぱる時間が少ないので皮膚に負担がかからないと思いがちですが、毛を抜く力が強いので、かえって皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。
毛穴が開いている状態にする事で、乾燥している肌より埋没毛が出しやすくなりますが、勢いを付けずにゆっくり丁寧に処理をしましょう。皮膚を埋没毛が出てきやすい状態にしていたとしても、なかなか取り出せない時は無理やり肌に毛抜きやピンセットを当て取り出そうとせず、時間を開けてから再度試みた方がよさそうです。

保湿

埋没毛の処理でかなりの重要過程である保湿は最後に忘れずに行う必要があります。処理後の肌はダメージを受けているので、刺激の強い保湿クリームを避け低刺激のもの
を使用します。皮膚が固くなったり乾燥している時に埋没毛になりやすいので、保湿をして肌を滑らかにやわらかく清潔に保てるよう心がける必要があります。フェイスのスキンケア同様、まず化粧水やボディーミストなどで肌全体を潤し、そのあとで蓋をするようにボディークリームを塗ってあげると、より多くの水分を肌に閉じ込める事ができるので潤いが肌全体に長く続きます。

埋没毛を根本的になくすには脱毛が断然おすすめ!

フラッシュ脱毛

セルフケアで行う体毛処理には限界があり、カミソリや毛抜きなどを使うことによりどうしても肌に負担がかかってしまいます。そもそも体毛がなければ埋没する毛は存在しないので、サロンやクリニックに通って脱毛することが埋没毛をなくすための近道です。フラッシュ脱毛はIPL(インテンンス、パルス、ライト)などの光によって毛根のメラニンに働きかけ毛の再生力を弱める方法です。サロンによっては光脱毛やフラッシュライト脱毛と呼ばれる場合もあります。成長期の毛に光を当てると1~2週間後に毛が抜け落ちて、一時期はつるつるになりますが、また次の成長期で毛が生えてきた時に再度脱毛を行います。フラッシュ脱毛は黒い色素に反応する仕組みによって成り立っているので埋没毛にも効果があると言えそうです。フラッシュ脱毛の光は毛根細胞まで届くので、皮膚の表面下に埋もれている埋没毛にも効果があります。サロンに通いプロのスタッフに施術してもらうか、フラッシュ脱毛器を購入して自宅で脱毛する方法があります、どちらにしても毛の生える周期があるので、個人差はありますが時間が必要です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は医療用のレーザーを用いて行う脱毛方です。単一の波長のレーザーを使用するので、フラッシュ脱毛よりも出力が高く、痛みを感じる事がある場合もあります。れ―ザーは医療従事者しか扱えないので、フラッシュ脱毛より効果を期待するのであればサロンに通う必要があります。また自宅で行えるレーザー脱毛器が販売されていますが、これは一般の人でも使えるように力を弱めたものになります。レーザー脱毛をする事自体で埋没毛がなくなる場合もありますが、レーザー脱毛を行うにつれ、体毛を自己処理する事がなくなり自然と肌もターンオーバーを繰り返す過程で、埋没毛ができる機会そのものをなくしていく事ができます。

電気シェーバーを正しく使用

肌が弱かったりアトピーや日焼けがひどいと、サロンメニューのレーザーやフラッシュ脱毛ができない場合があります。その際は電気シェーバーを正しく使用すれば、セルフケアでもカミソリや毛抜きよりは皮膚に与えるダメージを軽減でき、綺麗に仕上がります。電動シェーを使う際には事前に肌を清潔に保ち、専用のクリームを使用するとなどダメージを軽減できます。電気シェーバーには毛を剃るタイプと毛を抜いていくタイプがありますが、毛を剃るタイプの方が肌にかかる負担が少ないと言われています。毛を抜くタイプの電気シェバーは毛抜きやピンセットを使用する際と同様なので、皮膚に強いダメージを与えてしまいます。

埋没毛にさようなら!原因と解消方法まとめ

これまで埋没毛ができる原因や解消方法などをご紹介してきましたが、セルフケアの方法や埋没毛になる原因そのものをよく理解し、以下の6つをしっかり覚えておけば安心です。

  1. 埋没毛ができる原因はセルフケアにある
  2. 埋没毛は色素沈着や毛嚢炎など肌トラブルを引き起こす
  3. 正しいセルフケアで埋没毛は予防できる
  4. 全ての埋没毛のケアにおいて保湿がとても重要
  5. スクラブやピーリングで簡単にケアできる方法がある
  6. 埋没毛そのものをなくすには脱毛がおすすめ

埋没毛になる原因や条件をつきとめ、どうケアすれば良いかが理解できれば埋没毛はセル
フケアでも十分に解決できます。埋没毛がない肌は清潔で美しさの証。少し肌に気を配るだけで大きな差がでるので心がけてケアを行いましょう。

Share: