Daily Archives: 2017年1月5日

美容・健康

そばかすはこうしてケアしよう!そばかすの原因と対処方法まとめ

目もとや、ほっぺたの上部などにいつの間にかできているそばかす。その原因やケアの方法って案外知られていないですよね。ここでは、そばかすができる原因やケアの方法をご紹介します。 そばかすについてくわしく知ろう! そばかす(雀斑、雀卵斑)ってそもそも何? そばかすは雀班、雀卵斑(じゃくはん、じゃくらんはん)ともいい、目もとや、ほっぺたの上部などにいつの間にかできている薄茶色の斑点です。 ちなみに英語ではfrecklesといいます。 広い意味でそばかすはシミの一種です。 しかし一般的にはそばかすはシミと異なる特徴があります。 以下、そばかすの特徴やシミとの違いをご紹介します。 シミとそばかすの大きな違いは、先天的か後天的かということです。 シミは、紫外線や加齢によって後天的にできます。そばかすは遺伝による先天的な要因が強いです。 そのためシミはある程度の予防もできますが、そばかすは子どもの頃から出てきやすいものです。 思春期にかけて濃くなりやすく、その後は紫外線などの影響によって、色が濃くなったりします。 また、シミは年齢とともに誰にでもできますが、そばかすは白人や日本人に多いといわれています。大きさはそばかすのほうが小さいです。 そばかすができる原因って何? そばかすの原因は、実は子どものころのものと大人になってからのもので異なります。それぞれの原因をご紹介します。 子どものそばかす 子どものそばかすの原因は、ほとんどが遺伝によるものと考えられています。 それはそばかす自体ではなく、そばかすをできやすくする色白の体質が遺伝します。 肌の色が白い人にそばかすができやすいのは、肌を紫外線から守るためです。 紫外線を受けると、メラニン色素がつくられます。 ...