Daily Archives: 2017年1月14日

美容・健康

目もとがパッチリ!自力から、美容整形で二重まぶたを手に入れる方法6選

「テレビや雑誌などで活躍するモデルや女優さん。みんな二重まぶたじゃない?」と思うことありませんか? 二重まぶたは目がパッチリ見えるし、アイメイクも映えます。 一重まぶたの人から見ると、“憧れの二重まぶた”ですよね。 今回は、一重まぶたを二重まぶたにするためのさまざまなテクニックをご紹介します。 1.二重まぶたと一重まぶたの差はどこで決まる? 目がパッチリ見えることから、女性に人気が高い二重まぶた。そもそも一重まぶたとどこがちがうのでしょうか? いちばん大きな違いはまぶたの脂肪量。 一重まぶたに比べ、二重まぶたは皮下脂肪が少ないため、たるみができて二重になるというわけです。 脂肪量は年齢を重ねると減ってくるので、若い頃は一重まぶただった人も、年齢を重ねていくうちに二重まぶたになったというケースがあります。 もうひとつの違いは、まぶたを開いたり閉じたりする働きをする眼瞼挙筋(がんけんきょきん)と瞼板(けんばん)。 まぶたを開くとき、まぶたの皮膚の下にある眼瞼挙筋が瞼板を引っぱっているのですが、眼瞼挙筋と瞼板にまぶたがぴったりくっついていると、まぶたの皮膚も持ちあがって折りたたまれ、二重まぶたになるというわけです。 逆に、まぶたの脂肪が多いと、眼瞼挙筋と瞼板が動いてもまぶたはなかなか持ち上がらず、折りたたまれずに一重まぶたになります。 日本人はまぶたの脂肪が厚い人が多く、一重まぶたが多いのはこのためといわれています。 ちなみに、まぶたの脂肪が多いと、目の保湿効果が高かったり衝撃から目を守ったりというメリットがあります。 2.二重まぶたは遺伝する? 「両親が二重まぶたなのに、自分は一重まぶた」「両親は一重まぶたなのに自分は二重まぶた」といった話をよく耳にするかと思います。 二重まぶたは優性遺伝(親の形質が伝わりやすい)といわれていますが、どれぐらいの確率で子に現れるのかはよくわかっていません。 日本人は一重まぶたの人が多いとされています。 世界的に見ると、アフリカ系、ヨーロッパ系、アジアでも東南アジア以西の人々はほぼ二重まぶたで、一重まぶたのひとはほとんどみられません。 一方、日本や朝鮮半島、モンゴルなどには一重まぶたと二重まぶたの人が共存しています。 ...