Daily Archives: 2017年2月1日

美容・健康

魚の目を正しい方法で治す!症状に効く成分と皮膚科での4つの治療法

魚の目は足の裏にでき、医学用語で「鶏眼(けいがん)」」といいます。ひどくなると痛みを伴い歩くのもつらい状態になります。 今回はこの魚の目の予防方法、治療方法について案内して行きますので、魚の目に困っている方は是非参考にして下さい。 魚の目とは? 魚の目とは、足の裏や足の指の皮膚の角質が、部分的に分厚くなりできる皮膚の病気のことです。 魚の目には芯があり痛みを伴うことが多いのが特徴で、足の裏にできるタコと似ていますが、タコは芯がなく痛みがないのが特徴です。 魚の目は、中心にできる芯の部分が、魚の眼のように見えることから、「ウオノメ」と呼ばれていますが、正式な医学用語では、「鶏眼(けいがん)」と言います。 魚の目ができる仕組みと原因・予防法 人の皮膚は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つの層からなり、表皮の一番外側には、「角質層」があります。 角質層には、体内の水分が蒸発するのを防ぐ働きや、紫外線やウイルス、バイ菌、物理的な刺激などから体を守るバリア機能があります。 魚の目ができる主な原因は、 ハイヒールなどの先の細い靴 サイズが小さい靴 歩き方 糖尿病 などがあげられます。 足の角質層は、サイズや形が合わない靴や歩き方に癖があると、圧迫され摩擦が加わり続けます。皮膚への刺激が1点に集中すると、角質層は厚く硬くなり内部に円すい状に肥厚していくので、芯ができてしまいます。この芯が神経のある真皮層にまで到達することで痛みを伴う「魚の目」になるのです。 魚の目はどのように予防すればよい? 魚の目は何度も再発してしまう方も多く、出来やすい方は普段履く靴に問題があることが多いです。 靴を選ぶときのポイントは、 足先にゆとりのある物を選ぶ ...